相好体操クラブの小泉選手が表敬訪問 全日本体操競技選手権大会に出場

130508

 「第67回全日本体操競技選手権大会」に出場する、相好体操クラブ四日市教室を主な拠点に練習する小泉和照選手(23)が5月8日、四日市市の武内彦司副市長と四日市市議会の加納康樹副議長を表敬訪問した。同大会は5月11、12日に東京都の代々木第一体育館で開かれ、第44回世界体操競技選手権大会と第6回東アジア競技大会日本代表第2次選考会、第27回ユニバーシアード日本代表決定競技会などを兼ねている日本トップレベルの大会だ。
【大会での健闘を誓った小泉選手(左から2番目)=四日市市役所で】
 表敬訪問で、武内副市長は「日頃の練習成果を存分に発揮してください」と小泉選手を激励。今回の全日本体操競技選手権大会へは自身7回目の出場となる小泉選手は「失敗しなれば、順位はついてくる。今は良くも悪くもない、自分にとっては一番良い状態です」と調整の順調ぶりを笑顔で話した。

 また、加納副議長から「会場の代々木第一体育館はとても広い。競技に影響はありますか」と質問されると「普段の練習では作り出すことが出来ない雰囲気。観客の方も多いですが、競技になれば集中出来ます」と応えていた。同席した伊地知慶之ヘッドコーチ(25)は「順位は意識せず精一杯やり切ってほしい」と活躍を期待していた。

 相好体操クラブは三重県内に5教室があり、同大会へは小泉選手を含め、計8人が出場するという。


カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

categories

twitter

selected entries

archives

mobile

qrcode

links

profile

search this site.

Related