智積自然の会が15周年 記念イベント盛り上がる

14072102

  四日市市智積町にある「初瀬ビオトープ」や「メダカの池」の保全活動をしている「智積自然の会」が今年6月26日に15周年を迎えたことを記念したイベント「初瀬ビオトープ メダカの学校・開校15周年記念まつり」が7月21日、ビオトープや隣接する「ユーユー・カイカン」のフットサルコートであり、夏休みを楽しむ親子連れを中心ににぎわった。
【池にメダカを放す来場者=四日市市智積町で】
    会場には、ザリガニ釣りや竹細工づくりの体験、手作り品や、かき氷や焼きそばを販売するコーナーがあり、多くの人でにぎわった。午前10時から始まった開会セレモニー後には、池へのメダカの放流があり、親子連れが参加。会員たちの合図で一斉にバケツを手に持ち、「元気に育ってな」などと声を掛けながら、池の中へメダカを放していた。

 兵庫県内を中心に活動する「メダカのコタロー劇団」のステージでは、鮮やかな衣装の役者に注目が集まり、外来種の影響や生物たちの生活などを題材にした劇に子どもたちは注目。高校生やスポーツ少年団が出場した泥んこ綱引き大会もあり、イベントは盛りだくさんの内容で盛り上がった。
14072101
【メダカのコタロー劇団のステージ】 


カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

categories

twitter

selected entries

archives

mobile

qrcode

links

profile

search this site.

Related