迎春準備でにぎわう 慈善橋即売場

店頭には伊勢エビも並び買い物客の注目を集めた(四日市市八幡町で) 年の瀬も押し迫った12月30日、四日市市八幡町の慈善橋即売場は、正月用の食材や正月飾りを求める買い物客でにぎわった。この朝市は明日31日も開かれる。
 慈善橋即売場は70店舗以上の店が出る市内で最も大きな朝市として知られている。四日市近郊でとれた野菜をはじめ海産物や乾物、干物、煮物などの食料品のほか、生花、履物まで商品はバラエティー豊富。この時期はさらにしめ縄や鏡餅、おせち料理用のかにや伊勢えびなどの商品も並び、年の瀬の雰囲気を盛り上げている。
 報徳改善会副会長の福田喜義さんは「不景気で年末の人出を心配したが、今年一番の人出になった。来年も市場を盛り上げていきたい」と話した。

窃盗犯逮捕に協力 伊藤さんに感謝状

 四日市南署は12月18日、窃盗犯逮捕に協力した四日市市赤堀南町、会社員伊藤浩二さん(40)に、伊藤章署長から感謝状を贈った。
 伊藤さんは14日午前3時ごろ、自宅マンション駐車場で、車内を物色していた2人の不審者を発見して110番、駆け付けた警察官が2人を現行犯逮捕した。
 伊藤さんは「マンションには小さい子どもも多く、日ごろから不審者には気をつけていました。協力できてよかったです」と語った。
(2008年12月18日12時00分)

15団体8個人に感謝状贈る 警察活動に積極的協力

 警察業務に協力した団体や個人に感謝状を贈る、四日市南署の平成20年署長感謝状贈呈式が12月17日、同署であり、伊藤章署長から15団体・8個人に感謝状が手渡された。
 これは警察活動に理解と関心をもって積極的に協力し、交通安全や防犯活動、街頭犯罪抑止などに貢献した個人や団体に贈られるもの。
 式では、伊藤署長が各団体・個人に感謝状を手渡したあと、「今年は、犯罪の発生が減少傾向にあるが、年末年始の交通安全県民運動に入り2人が交通事故で亡くなっている。今後とも警察への理解と協力をお願いしたい」と述べた。
(2008年12月17日15時40分)


カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

categories

twitter

selected entries

archives

mobile

qrcode

links

profile

search this site.

Related